電話占いの料金滞納

電話占いの料金滞納!払わないとどうなる?

電話占いは、とても手軽に占うことが出来る鑑定方法です。自宅でも気軽に鑑定ができて、スマホから手軽に占い師と話すことが出来るので、とても人気の占いです。

しかし、電話占いは、ネットを介した占いということもあり、「料金の不払い」、「滞納」なども増えているようです。

払っている人がもちろん大多数ですが、中には占いの結果に納得ができなかったり、そもそもお金がない状態で、電話占いをやっていたり、ほとんどが自分勝手に滞納をしているという方が多いようです。

そこで、占いの料金を滞納してしまえば、一体どうなってしまうのでしょうか。具体的に見ていきましょう。

電話占いの料金は滞納はダメ

リピーターとして何度も利用をしているのだから、電話占いの料金ぐらい、滞納してもいいのではないか?と思っている方もいます。インターネットでしか繋がりがないので、滞納をしても見逃されるのではないか…と間違ったイメージを持っている方もいるようです。

しかし、結論から言うと、電話占いの料金は絶対に滞納をしてはいけません。支払わなければなりませんし、見逃されるということもありません。

まず、電話料金を支払わなかった場合には、支払ってもらいたいという旨の明細が郵送やメールで届くようになります。内容は確認をしておかなければ後で大変なことになってしまいます。

電話占いは登録時に、個人情報の登録が求められますので、会社側に全ての個人情報のデータがあります。このため、書類が送られてきますし、それを避けることは出来ません。

また、これ以降の利用料金の後払いが出来なくなってしまったり、電話占い自体が利用できなくなってしまう可能性が高いです。会員として登録をしている方も悪質な場合は退会処分となるケースもあります。

延滞料が発生したり、法的処置をとられることも

電話占いのサービスによってはあらかじめ規約などで、料金の滞納があった場合には延滞料が発生する旨のことが書かれていることも少なくありません。

そうなれば、延滞料が発生することになり、どんどん雪だるま式に料金が増えていくことになってしまいます。

また、どうしても支払う意思がないと判断されてしまうと運営会社側に法的措置をとられるケースもあります。

つまり、裁判です。電話占いの場合は少額訴訟という形で数万円程度になることが多いです。

たかが数万円のために弁護士を雇うことは考えにくいですが、裁判にならないと断言はできません。

また、裁判にかかる費用についても被害者に請求することが出来ますので、法的措置をとられてしまえば、大変なことになってしまいます。

裁判を起こされた場合、裁判に出席をする必要があります。

まとめ

このように、電話占いの料金を滞納することはいけません。延滞料がかかる可能性もありますし、裁判を起こされる可能性もありますので、きちんと支払うようにしましょう。

page top