電話占いの霊視、霊感鑑定

電話占いの霊視って当たるの?どのような鑑定方法?

電話占いと一言で言っても、さまざまな鑑定方法があります。そのうちの一つが「霊視占い」です。

霊視占いは他の占いとは異なり、特別な霊感や霊視能力を使い、過去や未来を視るという鑑定方法になります。

本来ならば、占いというのは統計学的な位置づけとなりますが、霊視占いは全く別のものとなります。別の鑑定方法を組み合わせることも可能ですが、霊視自体はその占い師の先生の霊視能力によって占うことになります。

従って、その先生の霊視鑑定能力によって左右される、そんな占いになるのです。

電話占いでの霊視は当たるの?

電話占いでの霊視についてですが実際に顔を合わせて鑑定をするわけではないので、本当に当たるのかどうか不安に感じている方も多いと思います。

結論から言うと、電話占いでの霊視鑑定と言ってもプロの鑑定能力の占い師さんに鑑定してもらうことによって、正確に占ってもらうことは可能です。さらに自分自身のことだけではなく、相手のことだったり、未来のこと、過去のことなども正確に鑑定してもらうことが出来ます。

占い師の先生ごとに、引き出すことが出来る情報量は異なりますが、すごい格の先生になれば、通常の占術を使うよりも遥かに多い情報量を視ることが可能となってくるのです。

霊視占いが向いている人は?

霊視占いを電話占いで鑑定方法として選ぶ場合、向いている人にはどういった人がいるのでしょうか。

電話占い自体が顔を見られずに鑑定をして貰える方法ですので、人に言えないような相談に適しているのはもちろんですが、その他にも、霊視鑑定は、早期解決を望んでいる方や、多くを語らずに、全てを見抜いてもらいたいという方、さらに統計学ではなく、現在進行系のものごとを見極めてもらいたいという方にも向いています。

また霊視鑑定にも種類がありますが、守護霊や、背後に付いている霊、オーラなども見抜いてもらうことも出来ますので、たとえば、身近な人の死を経験していて、悩んでいたり、もう一度会いたいという気持ちを持っている人なんかも霊視占いでこの悩みが解決する可能性があります。

霊視占いのメリット・デメリットとは?

霊視占いのメリットは、多くを語らなくても、霊視で全てが視えることも多く、そのあたりがメリットです。相手の生年月日、名前などを知らない場合だったりも対応が可能です。自分の潜在的なオーラを見抜いてもらえるので、そういった点でメリットがあります。

デメリットとしては、占い師の先生によって力量に差があるので、鑑定結果に差が生じてしまうというのがデメリットです。

電話占いで霊視鑑定は可能?

霊視鑑定は距離があいていて、顔が見えない電話でも可能なのかという疑問を持つ方もいます。

しかし、霊視鑑定は霊能力で守護霊や神仏と対話をすることが出来ますので、距離などは関係がないと言われています。

時間や場所などにとらわれることなく鑑定ができるのが大きなメリットです。

page top