電話占いの依存リスク

電話占いに依存するリスクとは?どんなデメリットがある?

電話占いは、自宅にいながら、手持ちのスマートフォンで簡単に占ってもらうことが出来るという便利な占いのサイトです。

占い師を自分自身で選ぶことが出来て、霊視鑑定や、タロット占い、そして占星術や、四柱推命までさまざまな占いを行うことが出来ます。

占いの館などに行かなくても、電話占いの場合、スムーズに占ってもらえますし、とても簡単に占ってもらうことが出来るのがメリットです。しかし、そんな手軽な電話占いは、一方で依存をしてしまう危険性があります。

電話占いは一人についての制限がありません。また夜間でも占ってもらうことが可能です。そういった事情もあり、依存をしてしまう方が増えていると言われています。

電話占いへの依存が多い理由

電話占いへの依存が多い理由に、顔が見えない鑑定なので、手軽であるという理由があります。顔が見えず電話で手軽に占ってもらえますので、人に話せないような不倫の悩みなんかでもいつでも占ってもらえるというメリットが有るのです。このため、どんどん依存していきやすくなります。

また、電話占いは手軽であり、手持ちのスマートフォン、電話でいつでも観点してもらうことが出来ます。誰にも知られずにこっそりと自宅で電話が出来るので、依存しやすくなっています。

忙しい方でも、いつでも占ってもらえますので、心の拠り所のようになっていってしまいます。いつでも話を聞いてもらえる安心感から、それが癖や習慣のようになってしまうのです。

電話占いに依存をしてしまうとどのようなデメリットが有る?

電話占いに依存をしてしまうとどのようなデメリットが有るのでしょうか。まずは電話占いに依存をしてしまうと、電話占いの料金がかかってきます。クレジットカードでの支払いとなりますので、許容範囲以上の金額を使い込んでしまい、生活費が足りなくなってしまったり、他の部分で節約をしなければならないことになります。

占いのサイトによって料金は異なりますが、何度もリピートすればそれだけ金額がかさんでくることになります。

また、電話占いに依存をしすぎてしまうと、自分自身では何も判断が出来なくなってしまうというデメリットもあります。人は自分の行動を自分で決めて人生を歩んでいくのですが、電話占いに依存をしすぎてしまうと、自分自身で判断する能力がなくなってしまいます。

すべての行動が占い頼りになってしまい、鑑定士さんの言いなりだったり、先生に言われたとおりに動かなければ不安になってしまったりと、占いが全てになってしまいます。

自分自身で判断をすることが出来なくなってしまえば、さまざまな場面で弊害が生じてきます。

占いにはまり込むあまり、周囲にも占いにハマっていると人という風にレッテルを貼られてしまったり、時には間違った判断をしてしまうことで、人間関係が壊れてしまったり、失敗するリスクもあります。

このため、電話占いへの過度な依存は避けておく必要があります。

page top